AMC's Nuka Kal Vargun joined my server then left after I introduced him

 
Carmen
| One Of A Kind
 
more |
XBL:
PSN: ModernLocust
Steam:
ID: SecondClass
IP: Logged

29,355 posts
Obviously I'm going to advertise my server here https://discord.gg/Szp3vs2


Rude, right? I guess there's no substitute for the real Carmen


MarKhan | Heroic Unstoppable!
 
more |
XBL:
PSN:
Steam: MarKhan54
ID: MarKhan
IP: Logged

2,414 posts
Apathy is death
2012年2月13日、名古屋にて
ウンチを漏らすのは久しぶりだった。正確に言うと二年ぶり。
しかしスターバックスでウンチを漏らすのは初めてだった。
そう、人生初のスタバ粗相。
穏やかな冬の朝だった。
僕が透明なドアを潜ると「いらっしゃいませ」と深緑のエープロンを着た大学っぽい女子店員に言われ、思わず「どうも」と軽く頭を下げた。
そしてカウンターに行っていつもと同じように「ホットティー、お願いします。ん?じゃあ、スペアミントでお願いします。そうですね、じゃあ、えっとッ・・・ グランデサイズでお願いします。」と初めてその飲み物を注文するふりをしてお決まりの相槌を打ちながら。
「なんでMサイズと言わないでグランデなんて言うんだろう」と思いつつ千円札をアルミにアームのトレイに乗せた。
「では、グランデサイスのホットスペアミントになります。」
店員は言いにくい飲み物を渡しながら可愛い笑みを浮かべた。
僕は思わず視線を逸らして「どうも」と言ってから・・・
安っぽいコーヒーの香りが漂う空気の中を通りぬけ、こげ茶色のテーブルに向って歩き始めた。
「おはようございます。店内でお召し上がりですか。」と後ろから店員の元気な声が聞こえる。
天井のスピーカからユチューブで聞いたことあるようなドラムしかないアフリカ民族音楽みたいな曲が流れて いる。
殆どのテーブルが三十代と思われる女性で埋まっている。
どこにでもあるようなスターバックスの風景。
僕は窓際のテーブル席に座ってIPhoneを取り出した。
「・・・・やべー。」アプリのセルズを確認すると思わず言葉が出た。
新作「マヨネーズ」がEbookウェブサイトパブーで八位だ。
「や・・・(笑)べ!」興奮のあまり笑ってしまった。
と、その瞬間・・・ウンチが登場した。
クスクス笑っているとポロッと出た。
二週間以上大阪で時間を過ごしたらつい関西弁が口をついて漏れてしまったかのように。
びっくりするくらい抵抗なく、すんなりと。
「やべッ!」
だから気付いた時はもう遅すぎた。
ウンチはもはや僕の一部だはなかったのだ。
温かい塊がはっきりとパンツの中で独立を宣言していた。
「あ、いらっしゃいませ。店内でお召し上がりですか。」
ありがたいことに、バイクでスタバに来た僕はパンツの上にユニクロのヒートテック、リーバイスのジーンズ、それから防水ウインターパンツも履いていた。
「大丈夫・・・飛び上がってKaraのミスターを踊り出さない限りしばらくは誰も気づくないはず。」
「次のお客様、どうぞ」
しかし、気になる。
ウンチの領域はどこもで広がったのだろう。
気になって仕方がない。
財布を取り出すふりをしつつ、僕は右手を後ろのポケットに突っ込み・・・徹底的に辺りを探った。
生ぬるいとはこういうことか。
そう思いながら指先を素早く鼻先に移した。
「あ、すみません。」
ふと顔を上げた。
「日本語出来ますか」。
声をかけてきたのは鮮やかなピンク色のピーコートを着たRinkaのそっくりさんだった。
「あッ、はい・・・・ 少しは・・・」
優雅な動作で彼女は隣の席に腰をかけてきた。
バニラに似た柔らかな香りがした。
「私、今外国人の友達を作ろうとしてるの、座っていいかしら?」
確信した。神様はどエスだ。
「あ、はっ、はい・・・」
「ありがとう。私みさき。」
彼女はほっそりとした手を出してきた。
僕は思わず尻の筋肉に力を入れた。
「どうげんです」と言って何気なく手を伸ばしたが、自分の指先が視界に入って瞬間サッと引っ込めた。
「どうしたの?」
「あ、いや、さっき蜂蜜をこぼしちゃって・・・」
みさきは微笑んだ。「蜂蜜好き?」
僕は更に尻に力を入れた。
「好きです。」
「なんか、可愛いね。」
「そうですか。(苦笑い)」
笑っていると生ぬるい塊が足の領域を侵すのが分かった。
みさきは再び微笑んだ。
「どうげんは名古屋で何をしているの?英会話とか?」
一瞬、古い校舎の男子トイレの臭いが鼻をついた。
僕はゾッとして、思わずIphoneの電源ボタンを三回も押した。
「ううん・・・あ?いや、まぁ、そんな感じで」
「さっきから携帯で何をみてるの?あたしにも見せて!」
にっこりと笑いながらそう言うと、みさきは片手を僕の肩に乗せ、体を乗り出してきた。
一秒にして僕はスタバで出来る自殺の方法を七つも思いついた。
「見せて、お願い!」「あ、いや、それは・・・」
とその時変な音がした。
誰でも思わず顔を上げて辺りを見回してしまいそうな本当に変な音。
空気がゆっくりと大きな風船から漏れるような、または風邪を引いた象が鼻をかむような音。
それがオナラだと分かった瞬間、「遺書をナプキンに書くってありかな」って考えて絶望に陥たが・・・
隣ではみさきがサッと手を引っ込めて体を強ばらせた。
それに気づくと絶望はあっという間に得も言われぬ興奮に生まれ変わった。
臭い罪を犯したのは今度は僕じゃなかったのだ。
「私の名前・・・みさきじゃない。ゆか。田中ゆか。」
日本一ありふれた名前を急に使い出した彼女はサッと立ち上がり、透明なドアへと走り去った。
その真っ赤な頬が道の向こうに消えると、僕は熱いスペアミントを一口飲み、ゆっくりとトイレの方に向かって歩き始めた。
途中で「私だけミスター」と腰を回す奇麗な韓国人の五人組が頭を過り、僕は笑みをこぼした。
神様はどエスじゃない。
ドタバタ喜劇の演出家だ。


 
Carmen
| One Of A Kind
 
more |
XBL:
PSN: ModernLocust
Steam:
ID: SecondClass
IP: Logged

29,355 posts
Obviously I'm going to advertise my server here https://discord.gg/Szp3vs2
I like this kid!


Spagelo | Newbie
 
more |
XBL:
PSN:
Steam:
ID: Spagelo
IP: Logged

4 posts
Who was the fool that threw the basket in the pool?
The trick is to not throw your friends into situations that might give them social anxiety when you introduce them to new people.
Last Edit: September 07, 2019, 03:41:32 AM by Spagelo